これでトラブル回避!リノベーションのメリット・デメリット

リノベーションのメリットとデメリットとは?

リノベーションのメリットを知ろう!

少し前まではリフォームブームだと言っていたのに、時代はリノベーションだと謳っている。そもそも名称もやや似ているので、どちらなのか区別がつかない。口に出せないだけであって実際にそう思っている方は多いのでは無いでしょうか。
まずリフォームと言うのは、経年劣化などで老朽化した建物を新築だった時の状態に近づける施工方法です。簡単に言えば汚れてボロボロになったキッチンやリビングなどを、キレイにする施工と思って下さい。
リノベーションに関してはキレイにするのでは無く設備をグレードアップしたり、別の設備を導入したりする事を指します。その為古い住宅を購入して、内部を総リノベーションすれば外観はそのままですが設備だけが最新と言う状態になります。同じ修復をメインにしている施工でも小規模な施工をリフォーム、大規模な施工をリノベーションと呼ぶ施工会社もあります。
日本の過去数十年の傾向として大量に作って大量に消費するのが、豊かさの象徴とされていました。しかし資源は有限でいつ枯渇してしまうか分からない事に気づき、今あるものを大切に使うストック型社会を目指す動きになってきました。とにかく新築住宅を建てる!というプランだけでは無くリノベーションが流行しているのも、これらの社会的な動きが関連している可能性もあります。
今回はそんなリノベーションのメリットやデメリット、そして依頼から施工までの流れや業者の見極め方を紹介しています。

そもそもリノベーションって何?

リフォームとは違い、大幅な改築や機能向上が期待出来るリノベーションのメリットを説明しています。 新築住宅を購入するよりも、中古住宅に施工をして住むと言うスタイルの方も多く、ストック型社会にも貢献しているエコな方法です。ここではそんなメリットや特徴が分かります。

メリットがあればデメリットもある

便利で快適なサービスにも、必ずデメリットが存在します。リノベーションをする際に気を付けるべき点、そしてデメリットを紹介しています。 メリットだけに惑わされていると失敗やリスクを背負ってしまう可能性が高くなるので、双方をしっかりと理解して施工依頼をして下さい。

依頼から施工までの流れを大公開

実際にリノベーションを依頼し、打ち合わせや施工までの流れはどうなっているのでしょうか?流れだけでは無く、業者の見極め方やチェックポイントを公開しています。 住宅は一生涯住み続けるので曖昧な判断をせずに、納得した上で施工を依頼しないと後で後悔する事になります。