>

これでトラブル回避!リノベーションのメリット・デメリット

そもそもリノベーションって何?

自分に合わせてくれる住宅

多くのメリットがあるリノベーションですが、まず挙げられるのが「住宅が自分に合わせてくれる」という点です。これまでは住宅に合わせた生活を営んでいくのがスタンダードで、そうで無ければデザイン住宅をイチから造らなければなりませんでした。
リノベーション住宅は、自分が住みよいと思える住宅にする為、様々な希望を伝えながら一緒になって施行プランを決められます。特に内装や設備にこだわりがあったり、専門的な部分を設けたりしたいという方にはぴったりです。
欧風のシステムキッチンを導入したり、趣味に合わせた住宅に出来たりするのでより快適に過ごせるのも特徴の一つです。住宅が快適だと生活や気持ちまでウキウキするので、よりプラスの効果になります。

新築よりも安く住宅を持てる

都内で一軒家を建てる場合、最低でも7000万円は必要でエリアによっては1億5000万円とかなりの差があります。これが中古住宅の場合は最低でも5000万円程度で購入出来ます。
これにリノベーション費用が加算されますが、2000万円発生する事は稀ですしほとんどが1000万円以内で収まりますので低コストで住宅を手に入れられます。また新築だとそれ以外の住宅が除外されますが、中古物件をリノベーションするのなら範囲が広がるので好みの物件を見つけやすくなるのもメリットでは無いでしょうか。
新築物件は築年15年で大きく価値が下がりますがそれ以降は緩やかに上下するので、資産としても中古住宅をリノベーションした方が良いのも大きなメリットです。


この記事をシェアする