>

これでトラブル回避!リノベーションのメリット・デメリット

メリットがあればデメリットもある

築年数がデメリットになる事も?

中古住宅を選ぶ際に気になるのが築年数ですが、リノベーション住宅に関しては住宅の築年数が大きく影響します。
住宅と言うのは築年数によって施工方法が異なります。その為、あまりにも築年が経過し過ぎている物件に関しては、希望通りのリノベーションが出来ない可能性もあります。
また建築基準法の改正によって大きく基準が変わる事もあり、現状では住むにあたって不安が残るケースもあります。この場合は基準を満たす様に新たに施工が必要になり、別途コストが発生するケースもあります。
別に項目で説明した様に、リノベーション住宅は低コストがメリットなのですが、築年数に気を付けなければそれがデメリットになってしまう可能性もあります。

ローンの金利が高くなるケースも?

住宅と言うのはコストの幅が広く、且つ現金で一括購入されるのは稀です。多くの方がローンを組んで数十年かけて返済するのですが、リノベーション住宅は一般の住宅ローンが利用出来ない可能性があります。
その為、リフォームローンと言う別の種類のローンを組み、返済していくのですがこのリフォームローンは、住宅ローンよりも金利が高くなる事があります。
また施行をしている間はその住宅に住めないので、購入してしばらくは別の住宅に住まなければなりません。賃貸であればその間も賃料が発生するので、場合によってはローンと賃料の二重払いが発生するケースもあります。リノベーション住宅は、事前にしっかりとスケジュールを立てる事が重要です。


この記事をシェアする